サイトマップ

初心者必見!賢い家具通販活用法

便利な家具通販その一方でトラブルも

ネットで家具を買うのは、非常に便利ですよね。家にいながら、ボタンをポチッと押すだけで購入が完了してしまいます。通販の家具は、店頭の家具とは違って種類がとても豊富です。国内で見たことないオシャレな家具も購入することができます。新居に自分好みの家具を取り入れたいと思った時、活用したいとは思いませんか?

さらに、サービスによっては重い大型家具を自宅まで運んでくれて、設置までしてくれることもあります。

しかし、実際に購入してみると「思っていたのと違う…」なんてこともあるかもしれません。実際、現物を見ることができない分、トラブルになりやすいのも事実です。

具体的なトラブルを見ていくと、購入したのに中々届かない。

海外メーカーなので、問い合わせ先がよくわからずお金を払っただけで商品が届かない。

なんてことも多々あります。

これらのトラブルを回避するためには、家具通販を活用するコツを知っておく必要があります。

そこで、ここではネット通販でトラブルを回避するポイントをご紹介します。是非参考にしてください。

基礎編〜家具を購入する際気をつける4つのポイント〜

これらのポイントを押さえておくことで、賢く上手に家具通販を活用することができます。

では、ここからは4つのポイントに絞って詳しくみていきましょう。

通販で家具を購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

1.サイズに注意する

家具の写真だけを見て、実際に家に届いて設置したい場所にすると大きすぎるとか、小さすぎるという失敗をしてしまいます。

特に、冷蔵庫やベッド、テーブルなどのサイズが大きすぎてしまうと、部屋のスペースが小さくなり、窮屈な思いをしてしまいます。

逆に、届いた家具が小さすぎると、テーブルの上がすぐにいっぱいになり、冷蔵庫の場合だと、食材などを十分にストックできなくなります。

そのため、画像周辺に寸法の記載がある場合は、実際にメジャーを使ってどれぐらいの大きさなのか確認をするようにしましょう。

特にこのサイズでポイントとなるのは、搬入時です。部屋のサイズはもちろんのことですが、そもそも部屋に入らない。ということでトラブルになってしまうことがあります。

部屋に置くためのサイズも大切ですが、併せて知っておきたいのが、玄関や廊下の経路です。この点もチェックしてクリアな家具を選びましょう。

玄関の横幅に対して家具が搬入できるのか。ということをしっかり覚えておかないといけません。

店頭であれば、その点の質問を答えてくれますが、通販はレスが遅いので、その辺りもしっかり押さえておきましょう。

2.画像だけで判断しない

ネット通販の最大のメリットは、自宅にいながら好きな家具を、膨大な情報の中から選べるという点です。

色もデザインも好きな物を探せるので、じっくりと自分の気に入った家具を選び抜くことができます。

しかし、ネット通販で私たちが見るのは、商品の画像とネット上に記載されている情報のみです。

そのため、座り心地や触り心地、家具の色味を完璧に把握することができません。写真ではこうだったのに、実際に見ると何か違う!ということも少なからずあります。

ネットで掲載されている家具の画像は、その家具が一番美しく撮れたときの写真、ということを頭に入れておきましょう。

家具の写真は、プロのカメラマンが最高の技術で撮影を行っています。

そのため、過度な期待をせずにリアルなレビューなどを参考にしましょう。レビューにはたまに、写真を掲載している人もいます。

また、あまりにも色味が実物と違う際は、口コミにも注目です。そのような商品は、たいてい色が写真と違うことが指摘されています。そのような点にも注目をしておくのも良いでしょう。

写真のみの場合は、加工されていることもあって、色合いが異なる場合が非常に多いです。そのため、不安な人は、一般人が投稿している写真をSNSで探してみてください。

利用者が撮る写真が一番実物と近いとお考えください。一般人からの投稿の場合、加工アプリを使わずそのまま掲載していることもあるので、非常に参考になります。

全て当てはまるわけではないですが、人気家具であれば、必ずその商品に関する情報を発信しているので、画像を参考にするのも良いでしょう。

3.レビューをチェックする

通販を活用する上で、大切な情報源になるのが、レビューです。

レビューは、その商品が実際に良いかどうかを購入者が品定めしてくれています。そのため、信頼性がある情報です。

レビューをチェックすると、実際に利用した人のリアルな声を知ることができるので、必ず見るようにしましょう。

ここでポイントなのが、低評価の理由もしっかりと見るという点です。

実際に使用した人が低評価であっても、理由によってはあなたには低評価にならないからです。

逆に、ネットの情報だけでは知ることができない情報が隠されている場合もあります。

例えば、

  • 家電の音がうるさい
  • すぐに壊れる
  • 安っぽい
  • 異臭がする

などがあげられます。こういった情報は、売主側は記載しないことがほとんどなので、レビューはしっかりと確認をすることが大切です。

ただし、レビューの情報は信頼出来る情報であるものの、判断するのはあなた自身です。

良い情報と悪い情報を見た上で買うかどうかを検討するのは委ねられるので参考程度にしておきましょう。

もちろん、レビュー以外にも、SNSで商品情報を発信している人がいれば、その情報も参考にしておきましょう。気をつけなければいけないのが、褒めてばかりいるレビューの商品です。

意図的に書かれている場合があるので、様々なSNSを通じて情報を拾い上げましょう。

あまりにひどい商品であれば、twitterでネガティブな情報を発信している場合があるので、様々な情報ソースから手に入れるのも大切です。

4.サービス内容を確認する

引越しする際に大型家具を購入した場合は、入居する当日からベッドなどの大型家具があってほしいですよね。

そんなときに、配送日を指定できるサービスがあると、入居日に家具が届くように指定ができるので、入居当日から大型家具を使うことができます。

さらに、大型家具は女性一人だと設置するのが難しいので、設置サービスがあるところを利用するようにしましょう。

自分の都合に合った、サービスがあるかどうか確認をするのが大切です。

5.実際にお目にかかる機会があれば、実際に触れる

通販の商品が気になった際、その商品を目にすることができれば一番良いのではないでしょうか。

大手家具メーカーの場合は、店頭での販売をしているので、必ず注文前に店頭に行くように心がけましょう。

手間はかかるかもしれませんが、参考になります。また、海外製のものであれば、購入しようと考えている家具を使用しているお店を探すのも良いです。

おしゃれなカフェや雑貨屋で家具を取り入れている場合があるので、商品名で検索するのも良いかもしれません。

この作業はどちらかというと無駄な作業かもしれませんが、家具は実際見ておくことが大切なので、機会があれば是非実際に足を運んでから検討しましょう。

トラブルを回避する~通販でのトラブル事例~

最近ではスマホやパソコンの普及が進んだため、ネット通販の利用者が増加傾向にあります。

そこで増えるのが「通販ならではのトラブル」です。ここでは、実際に合ったトラブルをご紹介します。

一般的に言われているトラブルが下記のものです。

  • 商品の納期が予定していた納期より大幅に遅れた
  • 希望していた色と違う商品が届いた
  • 代金を指定の銀行口座に入金したのに商品が届かない

このようなトラブルが実際にあります。商品が大幅に遅れて届くのはまだ目をつぶれますが、「指定した色と違う」、「入金済みにもかかわらず商品が届かない」、といった場合はすぐに売主側に問い合わせるようにしましょう。

そこで、解決しない、連絡が取れない場合は消費者センターに相談するのもひとつの方法です。消費者センターには、実際に下記のような相談があります。

  • 注文した家具から異臭がし頭痛が起こったので返品をしたいと言ったら断られた
  • 椅子の脚にヒビが入っていて危険な目にあうところだった
  • 材質の表記が、ネット通販に記載されていたのと異なる
  • 組み立てが必要な商品だと記載されていないのに、組み立てるハメになった

こういったトラブルに巻き込まれないようにするには、自分が利用する通販が返品可能かどうか調べておくことが大切です。

では、よくあるトラブルの中でも、事前に回避が出来るものもいくつかございます。

トラブルの事例を見ながら紹介していきましょう。

1.配送時に、凹みがある

家具通販でよくあるトラブルが、家具の傷です。これは、どこで傷が発生したかがとても重要になります。

最も発生しやすいのが、配達業者による傷の発生です。

梱包された段ボールを注意深くチェックしましょう。明らかに傷がついている時は受け取らないのが一番です。

もし、傷が発生していたら受け取りを拒否し、売主に連絡をしましょう。

また、お店によっては、専門の業者が配達していることもあるので、なるべく家具を専門に配送している業者を選ぶようにしましょう。

2.組み立てることができない。

組み立て家具が多くありますが、中には難しいものがあります。注文後組み立てる事ができず返品してしまうのは悲しいですよね。

必ず組み立て家具を注文する場合は、難しさはどれくらいか?そして、必要な工具があるのか?を確認しましょう。

万が一無理な場合は、オプションサービスがあれば、組み立てサービスをお願いしましょう。また、家具を組み立ててくれる何でも屋もあるので、そのようなサービスをお願いするのも良いでしょう。

3.ベッドのマットレスは避ける

家具通販で難易度が高い家具があります。

食器棚やチェストもその類に入りますが、最も難しいのがベッドです。ベッドは、生活で必ず使う家具です。特に、マットレスは写真やレビューでは確かめる事ができません。

その人好みの硬さがあるからです。

ですから、ベットフレームを購入するのは良いですが、マットレスは通販で購入するのは避けましょう。

マットレスを購入した場合、予想以上に硬かった/柔らかかった、というようになりまた購入を検討しなくてはいけない可能性があります。肌に触れる家具は、家具通販ではあまり向いていないので、店頭で買うように心がけましょう。

まとめ

家具通販を賢く活用する方法は、写真/レビューで判断出来る商品のみに絞る事が大切です。

家具によっては、通販ではおすすめできないものもあります。

便利だからといって全てを通販で揃えるのは危険なので、利用する際は、割り切って利用することも大切です。

大切な家具は、見て触れて買うのが一番です。もちろん、通販も便利なので両方を使い分けることが最も賢い方法と言えるでしょう。

基本的に通販にはクーリングオフ制度がないので注意をしましょう。

価格で選ぶ!モダン家具ブランドBEST3  品質で選ぶ!モダン家具ブランドBEST3