サイトマップ

モダン家具購入ナビHOME » モダン家具を使ってインテリアコーディネートを追求 » 部屋のインテリアを演出するテーブルの選び方

部屋のインテリアを演出するテーブルの選び方

部屋のなかでも大部分の面積を占めるテーブル。長く愛用するためには、どのようなテーブルが合っているのか選び方を知っておくことが大切です。ここではテーブルの選び方のポイントを紹介。それぞれのテーブルの形によるメリット・デメリットについてもまとめています。

部屋の中心になる大事なアイテム

テーブルの使い方は人によってそれぞれですが、食事をしたり勉強や作業をしたりと、いろいろな用途で使われるテーブルは部屋のアイテムとしてとても重要です。長く愛用できるアイテムに出会うために、選び方のポイントを把握しておきましょう。

1.使用する人数で選ぶ

テーブルを使う人数によって、選ぶ大きさは異なってきます。1~2人用の場合、幅と奥行きそれぞれ80cmほどが目安。3~4人の場合は幅が120cm以上、5~6人では幅180cm以上、7~8人用であれば220cm以上の幅が目安となります。幅を広めにとっておくことで、来客が増えたときも対応しやすくなりますよ。

2.使用する用途によって選ぶ

どんなときにテーブルが必要なのか使用する用途を具体的にイメージし、その用途に合わせてチョイスするのも一つの方法。ダイニングテーブルとして使用する場合は素材にこだわったデザイン、勉強や仕事で使うなら使用する道具などを収納できる引き出しがついたテーブルなどがおすすめです。

3.収納に便利なテーブルを選ぶ

たまに使用する程度であれば、柔軟に大きさを変えることができるエクステンションテーブルはいかがでしょうか。1人で使用する場合はコンパクトに、大勢で使用する場合は拡張することができるので、部屋のスペースを有効に使いたい人におすすめですよ。

テーブルの形が作り上げる空間の印象

ダイニングテーブルの形によっては、空間の開放感を与える一方、圧迫感を与えることも。ここではそれぞれの形における空間の印象を紹介します。

正方形の場合

正方形は、コンパクトで壁につけて設置することができ、置き場所も柔軟に変えることができるのがメリット。しかし、使用する人数によっては椅子が設置できる場所が限られているので、座れるスペースが十分に確保できないことがあります。

円形の場合

机の角がなく小さいお子さんがいる家庭には安心できる円形テーブル。圧迫感がなく人数に応じて椅子を足して座ることができるのが特徴ですが、壁にくっつけて置くことができないため、そのぶん置いておくための広いスペースが必要になります。

長方形の場合

一般的に多く見られるのが長方形のテーブル。壁につけて配置することができるので動線を確保しやすく、来客があっても柔軟に対応できます。しかし、部屋のなかでも大きな家具の一つとなることが多く、圧迫感を与えてしまう形です。

楕円形の場合

丸みを帯びたフォルムで柔らかい印象を与える楕円形。正円と比べると長さがあるため、人を招いたときも席が増やせ融通が利きやすくなります。しかし、楕円形の場合サイドが狭まった形になるため、席の配置によっては座りにくさを感じる場合があります。

座った時の視線の先を演出するのも大事

テーブルが決まったらいよいよ部屋に配置しますが、テーブルをただ配置するだけでなく、実際に座ったときの目線にも目を向けてみてください。その目線の先にお気に入りのアートや写真などを配置することで、テーブル周りを華やかに演出することができます。テーブル周りを飾ることで、さらにインテリアコーディネートが楽しくなること間違いなしですよ。

価格で選ぶ!モダン家具ブランドBEST3  品質で選ぶ!モダン家具ブランドBEST3